サービス利用のお問い合せ 0120-957-644

はじめてのアイデムスマートエージェント転職【求職者の皆さまへ】

はじめてのAidem Smart Agent 転職

転職したい。でも、いざ仕事を探そうとしたとき、行きたい会社が見つからない。自分に相応しい仕事がわからない。
そんなとき、松本さんが出会ったのがAidem Smart Agent 転職でした。人材紹介会社を活用して納得できる転職ができたという松本さんに、いまの気持ちを伺いました。

キャリアアドバイザー 松本明子

松本明子さん

ソーシャルワーカー、保育園の経理事務を経て、平成27年3月、株式会社アイデムに入社。
人の支えになることにやりがいを感じ、Aidem Smart Agent転職のキャリアアドバイザーとなる。
社会福祉士、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
アイリッシュダンスが好きで、アイルランドに1年滞在した経験もあり。
趣味は読書とピアノ。子どものころなりたかった仕事は作家。

あのときのやりがいをもう一度感じたくて。

キャリアアドバイザー 松本明子

生まれも育ちも福岡県の松本さんは、ある思いが強まり転職を決意する。
「保育園で経理の仕事をしていましたが、その前は病院でソーシャルワーカーをしていたんです。
子どもたちとふれあう毎日も楽しかったんですが、患者さんやご家族の方から相談を受け、支えるときに感じたやりがいが忘れられなくて。
もう一度あのときの想いを仕事で感じたいと考えるようになり転職しようと思いました」
想いを叶えようと動きはじめてみたものの、思うように仕事が見つからない。
福岡には自分が求める仕事はないのかもしれないと思い、親しい知人が働く大阪に拠点を移す。
心機一転、仕事探しをスタートさせるが、迷路に入り込む。
「求職票を幾つ見てもピンとくるものが見つかりませんでした。いろいろな人と話し、サポートするような仕事がしたい。
そう思っていても、実際にどういう仕事がいいのか、どういう会社を選ぶべきか。進むべき道を見いだせませんでした」
ひとりでの仕事探しに限界を感じはじめたとき、知人から「人材紹介を活用してみたら?」と勧められる。
「営業職に就いている知人は、アイデムスマートエージェント<転職>を活用して転職したと教えてくれました。長い期間、仕事を決めきれずにいた知人をずっと見守り、最後まで相談にのってもらい、現在の会社と巡り合えたと。私も相談したいと思いました」

人を支える仕事にこだわり、自分の進むべき道を真剣に考え、
積極的に動いた松本さん。

キャリアアドバイザーという仕事と巡り合う。

キャリアアドバイザー 松本明子

人材紹介会社で登録を行うために、松本さんは面談に臨んだ。
「会社の面接とは違う緊張感がありましたが、親身になって話を聞いていただいたので、すぐに気持ちがほぐれました」
方向性を見いだせないことを相談した松本さんに、紹介されたのは3つの職種。事務兼秘書業務と保育教室のチーフ、そしてキャリアアドバイザーだ。
「キャリアアドバイザーは、はじめて知る職種。いままさに自分の前に座っている、求職者をサポートするスタッフの仕事だとわかり、とても興味が湧きました。
でも、すぐには決めず、それぞれの仕事についてじっくり考えました」
吟味するのに費やした時間は約1週間。その間、キャリアアドバイザーとは電話やメールでやりとりするが、ある日、残念な連絡が入る。
「事務兼秘書業務の仕事が、他の方に決まったと言われました。でも、ショックはなく、それどころかキャリアアドバイザーという仕事に大きく気持ちが傾きました。
実際に自分もサポートしていただき、サポートが必要な求職者に全面的に寄り添う仕事を、素晴らしいと感じていたんです」
松本さんは「この仕事だ!」と思ったとき、本当にうれしかったと目を輝かせる。キャリアアドバイザーとなったいま、求職者へのメッセージは?
「はじめてだと不安かもしれませんが、相談だけでも大丈夫。ヒントやアドバイスを差し上げられると思います。最初の一歩をぜひ踏み出してください」

人を支えることにやりがいを感じる松本さん。
これからはキャリアアドバイザーとしての新しい道を進む。


Aidem Smart Agent TOPへ